収入アップと節約でお金持ちを目指す

お金が好きな人にはお金が集まる、と言われています。お金を愛しつつ、株主優待などの投資と節約を駆使してお金持ちになることにチャレンジします。

≪広告≫

お金を使いすぎないための原始的なお金の管理方法





我が家では嫁さんに1か月に10万5千円しか渡してません。

10万5千円で家族4人分。なかなか大変なのかも知れません。

嫁さんは、どのようにわずかな生活費を管理しているのでしょうか・・・

 

予算を決めて封筒で管理

10万5千円は、食費、お酒、電気代、水道代、病院代、小学校の教材費、嫁さんの小遣いなどの分。

携帯電話やネットなどの通信費、ガソリン代、給食代、習い事、などは別です。

 

嫁さんが管理する分は、このように・・・

f:id:chienokobako:20141001175711j:plain

 

用途別にざっくり封筒に分けて管理しているようです。

原始的だけど、残金が分かりやすくてよいようです。

 

細かく分けても破綻する

嫁さんは、2年近くこの方法でお金を管理してますが、初めのうちは細かく分けすぎて混乱してました。

管理に時間が掛かると続かなくなるので、細かすぎるのはダメ。

 

今は、食費、消耗品(ペーパー類など)、衣服代などをまとめて食費として管理してます。

病院、電気代など、分かりやすい項目だけ分けてます。

 

我が家で病院代を1万円にしてあるのは、医療保険に加入していないから。

ほとんどの月で実際に1万円使うわけではありませんが、万一に備えています。

家族全員の歯医者の検診が重なると1万円超えることもありますが・・・

 

クレジットカード派でも封筒で管理

 嫁さんはカード派。

小銭を扱うのが嫌いなので、カードが使える店ではカードを使います。

 

クレジットカードを使うといくら使ったか分からなくなりそうですが・・・ 

f:id:chienokobako:20141001175728j:plain

カードを使った分は、レシートに現金を沿えて、カード分専用の封筒に入れます。

このとき、100円未満は基本的に切り上げ。

上の写真のように、この日のレシート5800円ぐらいだと、切り上げて6000円入れます。

 

レシートと現金とをセットで封筒に入れるって作業を忘れなければ、全て現金で決済しているのと同じように管理できます。

 

続けるコツ

1000円または100円単位で管理すること。

ただし、1000円単位だと、楽だけど集計する際の誤差が大きくなります。

100円単位だと集計自体がちょっと大変。

 

どちらにするかは性格次第ですかね。

やったことはないですが、真ん中を取って、500円単位で管理するってのもいいかも知れません。

 

だいたいのお金の流れを把握すればよいと考えて、少々の誤差を気にしないのが大切です。

 

お金を貯めるためには、なるべく楽をしつつも、しっかり管理したいところです。

 

1日1クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

≪広告≫

 

トップページへ