収入アップと節約でお金持ちを目指す

お金が好きな人にはお金が集まる、と言われています。お金を愛しつつ、株主優待などの投資と節約を駆使してお金持ちになることにチャレンジします。

≪広告≫

ANA株主優待券の買取価格はさらに下落





 ひどい、ひどすぎます。

 2014年10/21のANA株主優待券の価格

ここ数年間ウォッチしているANAホールディングス (9202)の株主優待券の買取価格です。

 

ANA(全日空)株主優待券 新券(有効期限:2015年5月31日まで)

 ¥2,600  (9/16比-250円)

ANA(全日空)株主優待券(有効期限:2014年11月30日まで)

 ¥2,100  (9/16比-650円)

(10月21日現在のアクセスチケットさんの買取価格)

となっています。

 

価格低下の原因は/こちらの記事で考察してますf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plain 


ANA株主優待の価格低下が顕著です2014-08-15 - 収入アップと節約でお金持ちを目指す

f:id:chienokobako:20140916200356j:plain

ANA株主優待の買取価格は上がるの?

 買取価格の記事一覧はこちらですf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plain

money.chienokobako.com

 

 見通しは暗いです。

株主優待券は正規料金に対して50%の割引率ですが、これ以上に安いバーゲン価格が多く出回っている現状では、これからも厳しいのでは・・・

と予想します。

 

株主優待を使う航空券の予約は、2か月前に開始となりますので、そろそろ冬休みの移動のための需要が発生する時期です。

金券ショップで株主優待券が品薄になれば、ちょっとは買取価格が上昇する余地がありますが、有効期限が11月末までのものはもはや手遅れ。

有効期限が11月末までのものの価格は下落の一途をたどるでしょう。

 

 

ANAホールディングス (9202)の利回り

配当利回り1.22%(10/21終値236.7円、2014.3配当実績3円)

優待利回り2.19%(10/21終値236.7円、優待2600円×2)

合計利回り3.41%   

 

優待利回りが下落しましたが、株価も下落したので、9/16の合計利回り3.32%と比較するとちょっとだけ合計利回りは改善しました。

 

しかし、投資する魅力はまだまだ低いままです。

合計利回り5%は欲しいです。

エボラ出血熱の動向次第では、株価のさらなる下落もあり得ますので要注意の銘柄です。

 

ANA株主優待の価格についてはこれからもレポートします。

 

1日1クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

≪広告≫

 

トップページへ