収入アップと節約でお金持ちを目指す

お金が好きな人にはお金が集まる、と言われています。お金を愛しつつ、株主優待などの投資と節約を駆使してお金持ちになることにチャレンジします。

≪広告≫

新車を安く買うなら紹介制度でキャッシュバック!





 8年ぶりに新車を購入しました。

 トヨタの某ミニバンです。

 

新車を安く買う

新車を安く買うには、

(1)カー情報誌などで値引きの相場を調べて、

(2)競合する車種の相見積を取って、

(3)粘り強くディーラーに繰り返し足を運んで、

(4)ハンコをちらつかせながら端数を切る交渉、

なんていうのが定番になってますね。

 

それはそれでいいんですけど、

この交渉とは別に、「車両紹介制度」を使うと、いくらかキャッシュバックを受けられる場合があります。

(注:「車両紹介制度」がある会社であっても、紹介者のみにメリットがあって、新車の購入者にメリットがない場合があるようなので、キャッシュバックの有無は紹介者に確認してくださいね。)

 

 車両紹介制度で2万円キャッシュバック

 私の場合は、トヨタの某ミニバンの購入で2万円のキャッシュバックでした。

 

f:id:chienokobako:20150829202843j:plain

臨時収入なので純粋にうれしいです。 

 

 

 

 さて、車両紹介制度ってご存知ですか?

 

車両紹介制度とは

車両紹介制度とは、自動車メーカや自動車部品メーカが自社製品の販売促進のために自動車の購入を奨励する制度(だと思っています)。

 

家族や知り合い、取引先等に、「車両紹介制度」を実施している会社の人がいれば、誰でも利用できます。

 

 私の場合、デンソーに兄がいますので、定期的にはがきが送られてきます。  

f:id:chienokobako:20150829202838j:plain

紹介のために必要な情報は、はがきに記載されている①~⑩の内容です。

 

 国内正規ディーラーが販売する新車であれば車両紹介制度を利用可能

今回、私はデンソーの車両紹介制度を利用してトヨタ車を購入しましたが、トヨタ車以外、例えば日産車を購入した場合でもこの制度を利用することができます。

 自動車全体の販売台数が伸びればよいと考えているのでしょうか。

心が広い制度と言えますね。

 

車両紹介制度の注意点

車両紹介制度には注意点もあります。

上記の⑩に「事前連絡日」とありますね。

「事前」ということは、契約書にサインしてからこの制度を使うと言っても不可だということです。

契約書にサインする前に、ディーラーの営業スタッフに、「車両紹介制度」を利用する旨を伝えましょう。

 

中にはディーラーの営業スタッフが「車両紹介制度」を知らないこともあるので要注意。上記のようなはがきを事前に貰っておいて、このはがきを見せるのが確実です。 

 

キャッシュバックには時間が掛かる

車両紹介制度の手続は、「車両紹介制度」を実施している会社の人(紹介者)にお願いすればいいのですが、手続が完了しても、すぐにはキャッシュバックは受けられないんです。

事務処理などで2~3か月ぐらい掛かります。

 

また、どこのメーカの車種を購入するかによって、キャッシュバックの金額が変わりますよ。

 

 

 ≪広告≫

   

登録するだけで毎日抽選のチャンス!

下記画像からの登録+簡単なミッションで

500p貰えます。←6/30までf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plain 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ちょっとの手続でお小遣い分だけお得になる「車両紹介制度」。

新車を購入するときのために、頭の片隅に入れておいてはいかがでしょうか。

 

1日1クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

  

お小遣いを増やすための関連記事f:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plainf:id:chienokobako:20140907035443g:plain 

money.chienokobako.com

≪広告≫

 

トップページへ