収入アップと節約でお金持ちを目指す

お金が好きな人にはお金が集まる、と言われています。お金を愛しつつ、株主優待などの投資と節約を駆使してお金持ちになることにチャレンジします。

≪広告≫

自作PCに挑戦!高機能かつ節約2017年仕様





結論から言うと、

高機能なパソコンは自作のほうが安くて節約になります。

 

約15年ぶりにパソコンを自作

富士通製のデスクトップパソコンを使っていましたが、急に電源が落ちる事象が頻発するようになったので、約15年ぶりにパソコンを自作することにしました。

 

約15年前の自作パソコン以降は、ノートパソコンを中心に渡り歩いてきましたが、この時期に自作しなかったのは、持ち運びできるほうが良かったのと、自作するよりも既製品を買うほうが安かったから。

 

つまり、自作パソコンが割高な時期だったんですよね。

今でも、コストパフォーマンスを求めるならば、台湾や中華系のメーカーパソコンがいいと思いますが、高機能なものは、自作パソコンのほうが安くなってきました。

 

2017年7月現在でのなるべく新しい構成で自作パソコンを作成

自作パソコンを作るには、いろいろなパーツが選択できて、ここが楽しいのですが、パーツ同士の相性が合わないと動かない、なんてことがあります。

そこで、なるべく同じ時期に発売(製造)されたパーツを選択することをお勧めします。

このようにすることが、相性が合わないというリスク低減のために必要でしょう。 

 

今回購入したパーツ類↓

f:id:chienokobako:20170719062459j:plain

 

だいたい、2016年下半期以降(1年以内)に発売されたパーツを揃えています。 

 

場合によってはCPUグリスとSATAケーブルも必要ですね↓ 

f:id:chienokobako:20170719062512j:plain

ネジ類なんかも必要ですが、ケースを買えばある程度は付属されます。

 

個人的にパソコンに求める性能

パソコンで何をしたいか?!

これによって、パソコンに必要とされる性能が全く異なります。

つまり、必要とされるパーツが異なります。 

 

私の場合のパソコンの用途

(1)ワード、パワーポイントを使う仕事の用途

(2)画像処理系(録画、録画の編集、写真の現像)の趣味の用途 

これらが中心です。

 

仕事の用途だけであれば、そこそこの容量のメモリとそこそこのCPU性能があれば十分ですが、画像処理にはCPUパワーが必要です。

 

ただし、ゲームはしません。画像の表示に対する負荷は小さいので、グラフィックボードは無くても、オンボード(CPU)のグラフィック機能、要するに、マザーボードに画像の出力端子があればOKです。

 

したがって、今回は、CPUパワーとメモリ重視でパーツを選び、いろいろ遊びたくなった時に備えて、そこそこの拡張性を確保しておきます。

 

自作パソコンのための買い物リスト(2017.7.12頃購入)

【PCケース】     Focus G Mini FD-CA-FOCUS-MINI-BK-W

¥8,294 ドスパラ

 

【電源ユニット】   剛力短3プラグイン SPGT3-500P

¥5,941 ドスパラ

 

【CPU】       Core i7 7700K BOX

¥39,956 ソフマップ・ドットコム

 

【CPUグリス】    サンワサプライ ナノダイヤモンドグリス TK-P3D(TK-P3D)

¥1,118 コンプモト楽天市場

 

マザーボード】   GA-Z270M-D3H [Rev.1.0]

¥15,982 ソフマップ・ドットコム

 

【CPUクーラー】    白虎 SCBYK-1000I

¥2,760 ソフマップ・ドットコム

 

【メモリ】      W4U2400CM-16G [DDR4 PC4-19200 16GB 2枚組]

¥25,477 ソフマップ・ドットコム

 

 【SSD】       SSD370 TS256GSSD370S

¥15,800 イートレンド楽天市場

 

【BDドライブ】   BDR-209BK/WS2 バルク [ブラック]

¥8,725 ソフマップ・ドットコム

 

 【OS】      OS Microsoft Windows10 Home Premium 64bit 日本語 DSP

¥12,742 Amazon.co.jp

 

SATAケーブル】  ELUTENG SATA ケーブル L型 50cm [3点セット]×2

¥1,096 Amazon.co.jp
【合計】¥137,891

 

 総額で14万円弱。高いですか?

発売当初は5万円近い値段だったCPU(Core i7 7700K BOX)が、4万円を切ってきましたので、かなり安く作ることができたと思っています。

 

本記事の最後に、BTOパソコンと比較していますので、そこを見てもらうと安さがわかると思います。

 

 各パーツの簡単な紹介

 PCケース Focus G Mini FD-CA-FOCUS-MINI-BK-W

f:id:chienokobako:20170719062530j:plain

 発売されて1か月程度の最新版。microATXサイズです。

ATXは大きすぎるので、このくらいのサイズが限界。

  

 メモリ W4U2400CM-16G [DDR4 PC4-19200 16GB 2枚組]

f:id:chienokobako:20170719062605j:plain

デュアルチャネル対応の2枚組がいいかなと思って16GB2枚組を選択。

前に使っていた富士通製PCのメモリが16GB(4GB4枚)だったので、メモリ容量は大きめにしました。

自作するならメモリは多めがおすすめです。

 

 マザーボード GA-Z270M-D3H [Rev.1.0]

f:id:chienokobako:20170719062623j:plain

 マザーボードは今年1月に発売されたもの。オーバークロックが楽しめるZ270チップセット搭載です。

 

CPUを取り付けるときは、やっぱりドキドキです。

 

 CPUクーラー  白虎 SCBYK-1000I

f:id:chienokobako:20170719062633j:plain

 CPUクーラーは、背が高いものがあるのでPCケースの厚みをよく調べましょう。

今回採用したPCケースは、高さ160mm程度までOKなので、約130mmの白虎でも余裕で取り付けできました。

 

しかし、CPUクーラーは芸術品のように美しいです。

こんなものが3000円以下で売られているなんて驚きです。

 

ちなみに、 白虎 SCBYK-1000Iには、CPUグリスが付属していました。

無駄な買い物をしてしまいました。

 

 

 だいたい完成(HDDがまだですが・・・)

f:id:chienokobako:20170719062643j:plain

 

 配線の処理をしていないので、ちょっと見栄えが悪いですが、しっかり稼働してくれました。

 

f:id:chienokobako:20170719062649j:plain

LEDでライトアップされてます。

中身が見えると何かうれしいですよね。 

 

 BTOパソコンと比較してみます

 BTOパソコンは、パソコン屋さんが独自にパーツを組み合わせて完成させたパソコン。

私が作った自作パソコンとスペックが似ていたので、比較してみます。

 

f:id:chienokobako:20170719071926j:plain

 ざっと見ると、

私の自作パソコンに対してBTOパソコンは、

OS                               -1.2万円

メモリ        -1.0万円

HDD        +0.5万円

グラフィックボード +9.0万円

という感じです。

 

≪広告≫

 

 

なので、BTOパソコンは、私の自作パソコンよりも7.3万円ぐらい高い値段である、21万円程度であれば自作パソコンと同等でしょうか。

 

実際は、BTOパソコンは、約24万円ですので、自作すれば3万円ぐらい節約できることになりますね。その3万円がお店の利益なんでしょうけど。

 

そもそも、、、3Dゲームでもしないなら、こんな高いグラフィックボードなんて必要ないですからね!

パソコンは高ければ良いというわけではないですよ。

 

 

ということで、パソコンの自作を楽しめました。 

古いパソコンをどうしようか、次の課題です。 

 

1日1クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

≪広告≫

 

トップページへ